ゴールドファン

どこよりも高く!

金買取の豆知識。消費税は小売価格のみならず、買取価格にも上乗せされる

金買取で金を売買する際は、消費税がかかります。消費税は小売価格のみならず、買取価格にも上乗せされるので、売却時は消費税分を含めた価格で買取金が支払われます。この為、金買取の店舗では買取価格と小売価格とで、税込みである事を明記している場合と、そうでない場合とがあります。金買取を利用する際は、消費税に少し注意しておいた方が良いでしょう。計画的な売買の為に、正確な購入費用や買取金額を考慮するのは大切な事です。

消費税は購入する側にかかります。金の小売価格に消費税が上乗せされるのは、スーパーで生活必需品を購入する時と同じです。商品価格に加えて、消費税分を上乗せして支払います。同様に、金買取店で金を売却する時も、金買取店が依頼者から金を購入する形になります。この為、金を売却する際は、金の買取金に消費税分を上乗せした分を、金買取店が支払うのです。このように、消費税は小売価格のみならず買取価格にも上乗せされる仕組みになっています。

ここでポイントになるのが、消費税分を役所へ納める必要があるのかです。結論から述べると、一般的な利用者の場合は、納税の必要がありません。消費税の課税対象になるのは個人事業主と法人だからです。一般的な利用者が手元にある貴金属を売却して得た消費税分は、そのまま利用者の物として得られます。この為、金買取を利用したからといって、消費税の計算までして納税をする面倒は生じないものです。

ただし、継続的に繰り返し貴金属を売却する行為は、営利目的とみなされる事があります。この場合は納税の義務が発生しますので、注意をしましょう。営利目的について、金買取店によっては一度に多くの貴金属を持ち込む行為や、繰り返し売却し続ける行為があると、取引ができないという場合もあります。金買取店が、売却する方個人が私的に所有していると判断しかね、個人事業主との取引になると判断するからです。

金買取と消費税との関係について、昨今では増税により売却価格が上がるという考えもあります。確かに、増税されれば所有する貴金属の売却金額は上乗せされますが、増税を見込んで大量に購入された貴金属の売却量が増えれば、貴金属の相場に影響がでる可能性もあるものです。この為、消費税が増税されるからといって、買取金も高まるとは限りません。

これらのように、金の売買と消費税には意外と密接な関係があります。消費税という要素を把握した上で、金の売買計画を立てていけば、より計画的な金の利用ができるでしょう。

Copyright(C)2014 ゴールドファン All Rights Reserved.